タックルとアマゾンのラプソディ

人生っていろいろあるよね。ネットでいっぱい検索されたり、
意味不明な事件に巻き込まれたり、、、
でも、人は人とのかかわり合いの中でしか行きていけない。
そうだよね?
Amazon(アマゾン)などからの絶品情報をおしらせるね。
いいのあったら買って自慢してね。

上げる

アテンション――「注目」で人を動かす7つの新戦略

アテンション――「注目」で人を動かす7つの新戦略

内容紹介

シリコンバレー発 2016年最重要キーワード! 
ますます加速する超・情報過多時代。「アテンション(=人々の注目)」を制す者が、夢も市場も手に入れる。

strategy+business誌 ベストビジネスブック賞受賞
日本語版解説=小林弘人(インフォバーンCVO)

「HONZはあまりビジネス書は紹介しないのだけれど、この本は別格。買って損はないことを保証します」――成毛眞(元マイクロソフト社長・HONZ代表)

・なぜAmazonの「1-Clickで今すぐ買う」ボタンはオレンジ色なのか
・CDが売れない時代になぜビヨンセはメガヒットを飛ばせるのか
・有権者の関心をひく政治家の「議題設定」テクニックとは
・重要な相手に「温かいコーヒー」を渡すべき理由とは
・なぜ寄付集めに成功する慈善団体とそうでない慈善団体があるのか
・なぜ無名の広報担当者のツイートが史上最悪規模で炎上したのか
・エアビーアンドビーはいかにして炎上を消し止め、失った信頼を回復したのか
・なぜマクドナルドのヘルシー路線は失敗したのか
・AKB48の根強い人気を保証する「パラソーシャル関係」とは

「あなたが何者であれ、そして、なにを企てているにせよ、本書に書かれた〈3つの注目〉〈7つのトリガー〉と無関係ではない」――「日本語版解説」より


「ぼくは創業まもないスタートアップに投資するベンチャーキャピタルの共同経営者なので、事業を軌道に乗せるための支援と、もちろん資金を求めて、多くの起業家が訪ねてくる。けれども、みずから会社を興した経験から、スタートアップが本当に必要としているのは、報道に対応し、販促キャンペーンの計画を立て、口コミで販路を広げ、もっとも効率よく顧客を獲得し、ハリウッドのビジネスと連携するといったノウハウだということに気づいた。言い換えれば、彼らがベンチャーキャピタルに求めるのは、“注目されるための支援"なのだ。
だからぼくは、注目のメカニズムと、注目されるための方法に興味を覚えた。なぜわれわれはiPhoneやフェイスブックなどの製品やサービスに魅了され、同じSNSの〈マイスペース〉には目もくれないのか。なぜ一部のミュージシャンはビヨンセになり、ほかは芽が出ないのか。なぜ〈チャリティ・ウォーター〉のようなNPOは寄付集めに成功して、ほかの慈善活動はあまりうまくいかないのか。
注目は、偉大な製品や発想を「世界を変える」ものに変える。才能に恵まれたバンドをビートルズにする。とはいえ、注目はそう簡単には得られない。人々のなかに注目の火をおこし、適切な燃料を加えて、初めて大きな焚き火になるのだ」――「はじめに」より

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、君の偉大なアイデアは日の目を見ないのか?これからは、“注目”を制す者が、夢も市場も手に入れる。strategy+business誌ベストビジネスブック賞受賞。シリコンバレー発2016年最重要キーワード!


これも読むで 

2点すべてのイメージを見る 行動探求――個人・チーム・組織の変容をもたらすリーダーシップ

行動探求――個人・チーム・組織の変容をもたらすリーダーシップ

内容紹介

「今ここ」に意識を集中し、アルケミスト型リーダーをめざせ。


変革の鍵である意識レベルの変容はどうすれば可能なのか。7つの「行動論理」で成長の指針を示すリーダーシップ開発手法「行動探求」の理論と実践。


個人・組織の変革の鍵である「意識レベルの変容」は、どうすれば可能なのか。「行動」と「探求」を同時に行うことでこの問いにアプローチするのが、発達心理学の知見に基づくリーダーシップ開発手法「行動探求」である。独特の観点から人と組織を特徴づける7つの「行動論理」によって、読者は自身・自組織の傾向をつかみ、適した成長の指針を得られるだろう。理論的解説にさまざまなビジネスパーソンの臨場感あふれるストーリーが織り交ぜられていることで、実践の場面を想像しながら学べるはずだ。リーダーシップやマネジメントの力を飛躍的に高めたい人、必読の一冊。


「『行動探求』はビル・トルバートの最高傑作であり、組織の発展と個人の成長、理論と実践、内省と行動、身体と精神を新たな形で統合する。本書を読めば、自分自身の全体性をよりよく感じられるようになるだろう。」
―― ロバート・キーガン(ハーバード大学教育大学院教授、『なぜ人と組織は変われないのか』著者)

▽本書で解説される7つの「行動論理」
機会獲得型―自己に有利な機会を見出し、結果のために手段を問わず行動する
外交官型―周囲の状況・既存の秩序に合わせて調和を重んじて行動する
専門家型―自己の論理・効率を重視し完璧を目指して行動する
達成者型―目標を掲げ、効果を得るのために他者を巻き込んで行動する
再定義型―戦略・手段・意図の一貫性を問いながら独創的に行動する
変容者型―相互性と自律性を好み、時宜を得て発達を促しながら行動する
アルケミスト型―意図を察知し直観的・タイムリーに他者の変容を促しながら行動する

内容(「BOOK」データベースより)

「今ここ」に意識を集中し、アルケミスト型リーダーをめざせ。7つの「行動論理」で自己を理解し、他者を導く。注目高まる能力開発アプローチの理論と実践。


これ読みますよ 

テスト3

ボードゲーム販売
ACHIEVUS 7つの習慣 アチーバス

何かご意見等ございましたら、Twitter(@cocomomanage)もしくはFBのココモマネジメント(ココモマネジメント)まで

ココモブログもよろしくね。(ココモブログもよろしくね。)リンクも張りますよw。

友だち追加
Categories
Archives
記事検索
Amazon激安情報
  • ライブドアブログ